韓国の好感度調査結果:日本が最下位にランクイン…中国や北朝鮮よりも低評価

こんにちはantakaです。

 

最近、韓国における好感度調査で、日本が最下位となったことが話題となっています。

 

特に注目すべきは、日本が北朝鮮や中国よりも低い順位にランクされた点です。

 

この結果は、多くの韓国国民が日本に対してネガティブな感情を抱いていることを示しています。

www.genron-npo.net

調査の結果

2023年に実施された「第11回韓日共同世論調査」によると、韓国人のうち日本に対して好意的な印象を持っている人は28.9%であり、逆に53.3%の人が日本に対して否定的な印象を持っていることが明らかになりました。

好感度調査の順位表

具体的な調査の順位表は以下のようになっています:

  1. アメリ: 高い好感度を維持し、多くの韓国人から支持されています。
  2. ヨーロッパ連合: 安定した好感度を示しています。
  3. 東南アジア: 韓国との経済的・文化的交流が多く、好感度が比較的高いです。
  4. 中国: 歴史的な背景や政治的な問題から好感度が揺れ動いていますが、日本よりは高い位置にあります。
  5. 北朝鮮: 政治的緊張があるものの、日本より好感度が高い結果となりました。
  6. 日本: 調査対象国の中で最も低い好感度を示しました。

背景要因

このような結果には、いくつかの背景要因があります。まず、韓国と日本の間には、歴史的な問題が深く根付いています。

 

特に、第二次世界大戦中の慰安婦問題や植民地支配の記憶が、現在でも韓国国民の間で強い反感を呼び起こしています。

 

また、竹島(韓国名: 独島)を巡る領土問題も、両国関係における大きな摩擦点です。

 

最近の政治的対立や経済的な制裁措置も、両国間の感情を悪化させる要因となっています。

改善のためのアプローチ

両国間の関係改善のためには、以下のようなアプローチが考えられます:

  1. 対話の促進: 政府レベルでの対話を強化し、問題解決に向けた建設的な議論を進めることが重要です。
  2. 文化交流の拡大: 文化交流や市民レベルでの交流を通じて、相互理解を深める努力が必要です。
  3. 歴史教育の見直し: 歴史教育において、両国の視点を取り入れたバランスの取れた教育を推進することが求められます。

まとめ

この調査結果は、韓国国内の対日感情が非常に厳しい状態にあることを示しています。

 

このような結果は、日本人として非常に悲しいです。

 

少し前までは、九州地方で韓国人観光客が急増しているというニュースを目にしていましたが、このような結果が出るとは信じられません。

 

両国の関係が少しでも改善されることを心から願っています。

 

ご覧いただきありがとうございました。💮